カズミのオイシイセイカツ

デート×グルメ 友達以上恋人未満の楽しみ方

いきなりステーキのステーキソースは1種類だけじゃない!

いきなりステーキダイエットを始めて半月。ほぼ毎日一食はココでステーキを食べています。そうなると、かさむ出費がどうしても気になります。コスパを考えると、必然的にワイルドステーキ450gの一辺倒に。当然、ワンパターンのお味に遊び心が疼いて来るわけです。

「皆んなどうしているんだろう…」

カズミの調査能力が激弱なのは否めませんが、ネットで探しても「ステーキソースは1種類のみ」のテキストばかりが目に付き、味を変えるにはせいぜい塩胡椒やワサビと言った、いわゆるアクセント的なプラスαしか見当たりません。

「いやいや、100万人を超える肉マイラーの大先輩方が、数年もの間愛して続けているんだもの、絶対に何かある。何かがあるはず。。」

そんな事をぶつくさ考えながら1ポンドの肉塊が手元に届くまでの時間を過ごしていた時、ふっと目の前の光景に違和感を感じた。以前に座った席には無かったサラダドレッシングがある。。バルサミコドレッシング。見渡すと、確かに全席に配備されてる訳じゃ無さそうだ。たまたまこのお店がそうだっただけ?何にせよ…めちゃくちゃ美味しそうなステーキソースがあるじゃないですか!!!

これ、ステーキソースで使ってもいいのか…?

ワイルドステーキは厨房内でサッと表面だけを炙り、後は客自身が客の好みでプレートの余熱を使って火を通すスタイル。激レア好きなカズミは即ステーキソースを回しかけて火の通りを止めにかかります。当然熱々の鉄板に液を投入する訳ですから、それはもうジャバジャバと煮えくり返りモクモクと湯気が立ち込めます。コレをバルサミコドレッシングでやったら…周囲に放つ香りにインパクトがあるのは容易に想像できます。チキン野郎なカズミ、まずは通常のステーキソースを回しかけ、追加でこっそりバルサミコドレッシングを投入する事に。。

『んーっ♡』

予感的中、カズミ好みのお味です!チョットの投入でこれだけの味変…はじめから全部バルサミコドレッシングだけで行ったら、根本から別のお味を楽しめます。コレは新境地です!

次の日、混雑しない閉店間際を狙い100%バルサミコを試してみると、めちゃくちゃ旨いっ!ドレッシングが煮詰められて、ちゃんとステーキソースとしてお肉に絡み、程よい焦げが香ばしく漂います。それに、懸念していたように周囲がむせ返る程の状況にはならなかった。「コレ、絶対常連さんは試してるでしょう!?皆んな黙ってるなんてズルイなぁ〜」そう思いながらふっと目をやると、バルサミコドレッシング激減しとる。。。もし皆んながコイツを使い始めたら、お店から禁止されちゃうかも。確かにナイショにしておかなくちゃいけないのかもしれない(笑)

まだまだビギナーなカズミ、もっともっといきなりステーキ活用術を研究していきたいと思います!大先輩の方々からの隠し技伝授も、お待ちしております♫