カズミのオイシイセイカツ

デート×グルメ 友達以上恋人未満の楽しみ方

リンゴループの復旧方法

プロローグ

時は4月26日AM8時過ぎ。

朝の通勤電車に揺られながら

いつものようにアプリで新聞記事に目を通す。

ほぼ眼球運動としての体操に近い速読流し読み。

だからかiPhoneの挙動がいつになくモッサリしてるのに

ちょっとした気持ち悪さを感じた。

ここから先は何気無しの常套手段、

ノータイムで電源の入切作業に移行する。

ん?

んんんんん⁉︎

こうしてカズミの時は止まることになるのでした。。

 

いわゆるリンゴループ。

アップルのロゴが表示されたままiOSが起動しない。

Apple Payを買い物の決済手段だけでなく

JRの定期券としても利用している身としては、

この状況は翼をもがれたイカロスみたいなもの。

混み合う車内で呆然と立ち尽くすカズミ。。

口から魂がスルスルと抜け出て行くのがわかる。

GW突入直前って大事な時に(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

振り返ってみれば予兆はあったんです。

データ容量がいっぱいって警告、出てました。。

そのせいでiOSのアップデートに失敗したんだったら

リカバリしないで元に戻すのは難しいかな…

そう思いながら久しぶりに自宅PCの電源を入れた。

リンゴループを患った時の対処法を調べたところ

選択肢はざっと次の通り。

  1. iOSの強制再起動
  2. リカバリモードで起動してiOSの更新
  3. リカバリモードで起動して復旧(リカバリ)
  4. 復旧ソフトを利用する

  5. 復旧業者に依頼する

 

iOSの強制再起動

まずはここから。

伝統的な“電源ボタン+ホームボタン長押し”です。

あらら?

再起動の手応えがない。

なるほど、機種によって手順が変わってるんですね。

・iPhone 6s/6s Plus/SE以前

   電源ボタン+ホームボタン長押し

・iPhone 7/7 Plus

   電源ボタン+音量下げるボタン長押し

・iPhone X/iPhone 8

   音量を上げるボタンを一回押す

   →音量を下げるボタンを一回押す

   →電源ボタン長押し

 

手順を確認してリトライ、

パキッとリンゴマークが消え強制再起動らしい動きに。

しかし状況変わらず。

まぁ、期待はしていなかったです。。

 

リカバリモードで起動してiOSの更新

気を取り直して、本格的な修復作業のスタートです。

主旨は違うもWindowsのセーフモード的な位置付けで

iOSにはリカバリモードでの起動が用意されています。

これはリンゴループ⇒iOSが起動しない時に備え

直結させたPCのiTunes側から緊急メンテできるよう

iPhoneに用意された非常用の起動モード。

手順は意外と簡単で

iTunesを起動したPCとiPhoneをケーブルで接続し

強制再起動と同じ操作を行います。

違うのは、再起動でアップルのロゴが表示された後も

ボタンを離さず押し続ける事。

iPhoneの画面にiTunesのロゴが表示されたら

ここから先はPC側での操作になります。

iPhoneがリカバリーモードになった事を感知して

iTunes上に表示されたウィザードに従い進んで下さい。

もしここでウィザードが表示されないようなら、

そのままiTunesアプリを再起動し再認識させましょう。

ウィザードは「更新」と「復旧」の

2つの選択肢を提示してきます。

ウィザード画面を見ると注意書きがあります。

  • 更新 → データは消失されず復活する
  • 復旧 → データを消失させてゼロから再スタート

「復旧」の言葉のイメージから単に

『元に戻るのかな…』

と勘違いしないよう気をつけて下さいね!

iPhoneの「復旧」はWindowsで言うリカバリです。

もちろんデータは残したいので更新を選択。

するとプログレスバーが画面に表示され、

処理が進み始めた事に期待が膨らみます!

これはそこそこ時間が掛かるので、

コーヒーの一杯でも飲んでゆっくり待つ事にします。

結果は…残念。。

ウィザードからも復旧しかないと進言されました。。

いやいやいや…

データ消失なんて簡単に受け入れられませんよ。。

何か裏技はないかと検索サイトの情報をあさります。

 

復旧ソフトや復旧業者、アナタは使える?

調べてみると直ぐに現れはじめます。

火事場の緊急時、心理状態が通常でない僕達の前に

差し出される救いの手の数々。

いわゆるデータ復旧ソフトと復旧業者さん。

出会いサイトユーザーは「業者」の言葉に警戒しますw

だからカズミはこれらの手を安易にはつかめません。。

僕も仕事柄、Windowsの障害は何度も見て来ましたが

厳しい状況ではハードディスクからデータを抜いて

リカバリした後にその抜いたデータを入れ直す

大抵はこの作業内容になります。

対面でお店に持ち込まれる業者さんなら

確実に復旧させなくてはなりませんから、

恐らくこんな感じの作業内容になると予想されます。

それ作業内容には何のやましい事も無いのでしょうが、

自分のスマホの中身を誰かに抜かれる…

恥ずかしくて絶対に嫌です(笑)

だって、もしこれから自分が死ぬとしたら

皆さまは最期に何をしますか?

カズミは全力でスマホを粉砕します!!

だから、やっぱり業者さんとは仲良くなれません。

では復旧ソフトはどうか?

先程予想した通り、業者さんでも結局リカバリしなきゃ

無理だと思うんですよね。

何だか魔法の様に復旧させると言うソフトがありますが

よくよく口コミサイトを見てみれば、

やはり最後の最後で失敗に終わり結果が出せないという

苦情が多数あり、詐欺まがいの物が横行してるもよう。

なのでカズミはおススメしません!

 

結局データはあきらめ、復旧=リカバリへ

やっぱりiTunesのリカバリウィザードが通告した通り

「復旧」を選択しリカバリするしか道はなさそうです。

断腸の思いでカズミはボタンを押しました。。

程なくして、以前に機種変更した時に見た覚えのある

「はじめまして」の文字がiPhone画面に表示され

記憶を失った別人格として息を吹き返しました。

赤ちゃんと同じ、無垢で真っ白な姿です。

自分がデート活動用にフル稼働していたデバイスなんて

知る由もなし。。

あらためてオイシク染め上げてやりましょう(笑)

早速App Storeで購入済みアプリを一括ダウンロード。

パフォーマンスは一気に以前と同じ状態に回復。

連絡先はLINEが復活した段階で実質的に9割回復。

結局クラウドバックアップから復元が必要だったのは

思い出写真と親戚の連絡先くらいなもの…

いやいや、ヘルスケアのトレーニングデータ!

カズミにとっては大切なトップを争う重要データです。

 

エンディング

それにしても、いざリカバリ再出発してみると

意外にもあっさりしたもの。

終わってみれば使い勝手に大きな変化は無し。

「こんなもんか…」

と、復旧ボタンを押す決心をするのに要した時間が

バカらしく思えてくる程でした。

何せアプリやデータをバックアップから戻す操作は

かなり簡便化されていると感じました。

皆さまも、必要以上にデータ消失を恐れる事なく

怪しい救いの手を掴んでしまわないようご注意下さい。