カズミのオイシイセイカツ

デート×グルメ 友達以上恋人未満の楽しみ方

それでも君を好きになる×読書

正月、実家で見つけたもの。

大学進学で一人暮らしを始める前に読んでいた本、

平中悠一の『それでも君を好きになる』と

『ゴー・ゴー・ガールズ』。

きっと今ボクがこんな感じになっているのは

15年近く前に読んだこの2作の影響だな…

と、今日あらためて読了ししみじみと思う。

小学校から高校まで青春を剣道に燃やしてきたボク。

(コレでも主将だったんですよ〜。硬派です!)

だから女の子の事なんてコレ〜っぽちも知らなかった。

『大学こそは…!』

そう意気込んでいたところ出会ったこの物語は、

そんな若造の恋愛観を若干歪めた…のかもしれません。

 

自分じゃ歪んでるつもりなんて

全然ないんですけどね(*^ω^*;)

 

 

あらためて読むとこの物語、主人公のあまりの軟弱さに

元剣道部主将として喝を入れたくなります。

人によっては読むとイラッとするかもしれませんw

だから、決してオススメってわけではないんです。

でも、読後感や空気感は青年のココロをときめかせた

あの頃のまま。

この気持ちを想い起こさせる作風の平中悠一、

やっぱりボクは好きです。

 

もしカズミに興味を持ってくださり

このオイシイセイカツの顛末を眺めてみたい

という若干歪んだ方がいらっしゃいましたら、

ボクを知るガイドブック的にこの2作を読んでみると

面白いかも…しれませんネ☆